転職するプログラマーの年齢

トップページ »  年齢によって期待されるプログラマーの役割|年代別転職事情!

年齢によって期待されるプログラマーの役割|年代別転職事情!

ここでは年齢毎に転職事情を見ていきます。
転職する為には、それぞれの大体の役割や業務上のポジション等を把握しておかなければなりません。
当然ですが、未経験・経験の短い若手社員の方と、30代後半以上の方では、企業側から求められることが全く異なってきますよね。
転職活動の際にはアピールすべきポイントや、キャリアプランの立て方等をしっかりと考えて臨みましょう。
20代前半
20代前半での転職活動
第二新卒枠での求職活動ができるので、求人がないということはないでしょう。また未経験でも応募可の求人が多く、様々な企業にチャレンジできる可能性があるとも言えます。
ただし、若いうちから多くの転職を経験してしまうと、一社一社の勤続年数が少なくなり、今後の転職活動で不利になってしまうことがあるかもしれないことは知っておきましょう。


20代後半
20代後半での転職活動
20代後半の時期はキャリアアップを考えた転職を検討しても良い時期だと思います。業界でプログラマーはキャリアのスタート時の位置と捉えられていることも多く、多くの方はこのくらいの時期に、徐々に上流工程に携わる為のキャリアアップを画策します。転職というのは、その方法の一つでしょう。将来を見据えた、新調な転職が望ましいです。また、未経験の方がプログラマーを目指せるギリギリの年代がこのあたりでしょう。

30代前半
30代前半での転職活動
プログラマーと言っても、この年代でプログラミングだけを続けていたのならマズイです。
転職活動を有利に進めるには、若手社員の育成やマネジメントの経験があると良いでしょう。
経験が豊富で、企業から即戦力として見られるこの年代の方の転職は、若年層での転職に比べてスムーズに運ぶことが多いようです。


30歳後半〜40代
30代後半〜40代での転職活動
俗に言う35歳定年説というものがありますが、実際はそんなことはありません。年齢を重ねてくると、プログラマーとしての業務をこなすだけではなく、マネジメントや育成といったことを任されることも多くなります。
とは言え、プログラマーという肩書きで35歳を過ぎても活躍されている、様々な工程に携わることのできる実力を持った現役プログラマーはたくさんいるのです。







プログラマーにおすすめの転職エージェント情報



レバテックキャリア
レバテックキャリア
元エンジニアが数多く在籍する、エンジニア専門の転職エージェント
関東圏の転職支援に特化しており、範囲を絞っているがゆえに深いサポートが期待できます。現場の担当者から、どういった人材が必要かをヒアリングしており、間違いのないマッチングが期待できます。

DODA
DODA
IT業界の大手インテリジェンスが展開するエージェントサービス
転職サイトと転職エージェントの機能を同時に使えるのが大きなメリットです。非常に多くのIT企業の求人を有しており、その求人は上場企業からベンチャー企業まで千差万別。きっとあなたに適した求人情報が見つかるでしょう。

リクルートエージェント
リクルートエージェント
業界最大手グループの転職エージェント
リクルートと言えば人材紹介業界のトップです。業界特化型ではありませんが、求人の数は他の追随を許さない程です。エンジニアとしてここの転職サービスを受けるなら、ある程度の経験があった方が効果の高いサポートを受けられるようです。