転職の際のプログラマーの経験

トップページ »  経験年数で考えるプログラマーの転職事情

経験年数で考えるプログラマーの転職事情

現在ネット上で公開されている求人の多くは、実務の経験が必要になるものです。
中途採用の場合、企業側は経験のある即戦力を欲しがっていることが多いです。
少数ですが、未経験の求人が多く見られるのは、WEB関連の業務やスマートフォンアプリの開発業務といったところでしょう。
これらは業界自体が新しい為、業界の経験者というのがそもそもいないのです。

ある程度経験と技術のレベルというのは比例するものでしょう。しかし、技術のレベルを上げる為には努力が必要であり、経験が長いだけではなく、どれだけ努力しているかが重要なのです。
実務未経験の方でも、未経験で就業してからどれだけ努力するかによって今後の成長度合いが変わってくるでしょう。
もちろん未経験から一人前になるには、相当な努力と長い時間が必要ですが、業界に飛び込んだのなら迷うことなく努力をしましょう。
未経験
別の業界で経験をつんだものの、IT業界を未経験の方は
「なぜIT業界に転職したいのか」、「これまで経験してきた
業務の内容で活かせることはあるか」ということに関して
面接時にしっかりと話せるようにしておく必要があるでしょう。

自分の意思や考えをしっかりとまとめ、やる気や向上心といった
業界や会社に対しての熱意を伝えることが必要になるでしょう。

1年未満〜4年
新卒で就職した方の場合、仕事を4年未満で辞めた場合は
第二新卒としての応募ができます。第二新卒を募集している企業は
それなりに多いので、求人の数には困らないでしょう。

自分のできることををしっかりと把握し、それを新しい会社に
どう活かせるか等、自分のなかで意見をまとめておく必要が
あるでしょう。

5年〜9年
それなりにスキルが備わり、仕事でのポジションも徐々に
重要なものになっているこの時期に転職を考える理由は
現在の職場が自分の活躍する場として制限されていると
感じているからかもしれません。
この時期に転職を検討するのであれば、5年後、10年後の
自分を想像し、しっかりとキャリアを形成できるように
しておかなければなりません。

10年以上
10年以上勤めた会社から転職する理由は
キャリアアップや仕事へのこだわりが多いようです。
長い経験によって、スキルや知識面では様々な企業から
求められる人材となっている方も多いでしょう。
業界経験や即戦力が求められる転職市場において
10年以上の経験年数の方は、企業からの採用ニーズが高く
経験の浅い年代よりも有利に転職活動を進められるでしょう。






プログラマーにおすすめの転職エージェント情報


ワークポート
ワークポート
2013年『AGENT AWARD』において、転職決定人数部門第1位
IT・WEB・ゲーム業界に特化したエージェントで、IT業界に特化したエージェントの中では規模がトップクラスで、実績も多いです。
コンサルタントの知識も豊富で、的確な転職支援が期待できるでしょう。

レバテックキャリア
レバテックキャリア
多くの口コミサイトで一番人気のエージェント
ネットで企業を調べるだけではわからない現場のリアルな情報を大量に保有しており、転職希望者と企業のマッチングに定評があります。WEB業界やゲーム業界を始め、ITエンジニア向けの数多くの求人情報があります。

DODA
DODA
IT企業求人の質・量が魅力
IT転職の支援に力が入っており、求人の量は業界でもトップクラスを誇ります。
応募書類作成のサポートや面接対策、業種別の説明会があり、豊富なサービスが見込めるのも魅力的な部分です。