プログラム言語別の需要と将来性

トップページ » プログラム言語別の需要や将来性は?

プログラム言語別の需要や将来性は?

このページでは、プログラム言語別に、どんな仕事での需要があるのか? その言語の将来性は? といった内容に触れていきたいと思います。
エンジニアの求人情報を見ていると、「〜言語を実務経験で〇年以上使用」等の条件をよく目にします。
元々プログラマーとしてバリバリ働いていたのであれば、得意な言語があり、そのスキルで転職を狙うことができます。
ですが、他業種からの転職を考えている方や、これまで趣味や個人の範囲でプログラム言語を使用していた方は実務経験の問われない求人を探す必要があります。

実務未経験の方を歓迎する求人は意外と多く、WEB開発やスマートフォン向けのアプリ開発の業務が特に多いところです。
現在使用することができる言語、またはこれから習得を考えている言語が活かされるような職場に転職できたら理想的ですよね。
いずれかの言語を仕事で使用する、もしくは新しく学ぶと考えているのなら、その言語の特徴を把握しておかなければなりません。例えば、WEB系の開発業務をやりたいのにC言語を学んでも仕方がない といったようなことです。

間違った選択をしない為にも、言語別の情報をしっかりと確認しておきましょう。
下記のリストからそれぞれの言語のページをチェックしましょう。
Java

世界で最も人気のある言語と言っても差し支えないのがJavaです。高度な機能のオブジェクト指向言語で、非常に多くのプラットフォームで正常に機能します。
多く使われており、適応性も優れているのですが、習得するのが大変で難易度が高いという側面もあります。
HTML、JavaScriptと組み合わせてWebシステムを作成することに加え、組み込み系やAndroid等の幅広い分野で使用されています。
Javaのエンジニアの求人は多いです。これから習得する方等は、Web系の仕事で活かすことを考えてみてはいかがでしょうか。
JavaScript

Web系の仕事なら必須とされているのがJavaScriptです。
比較的覚えやすく、JavaScriptを身につければ、すぐにWeb用アプリやサービスの開発をすることができます。
本格的な開発をするのであれば、HTML、PHP、Java等の他言語と組み合わせて使うことが必要となってきます。
これから学ぼうと考えている方は、Web業界でこそ活きる言語だということをしっかりと把握しておいてください。



PHP

世界中のホームページ制作等で広く使われている言語がPHPです。
習得する為の難易度は低めで、しかもWeb業界でのPHPの人気が高いので、求人の数も多いです。
レンタルサーバーにおいても使用できる環境があり、個人的に開発をする場合でも使用する機会は多いかもしれません。
PHPで仕事を探す場合は、HTMLやJavaScriptも習得しておくことが必要でしょう。
Web開発で使用されることの多い言語を他にも扱えると良いです。



C(C言語)、C++

Cは歴史が古く、その後のプログラム言語ほぼ全てに影響を与えました。
C++はCを進化させたもので、広く使われている汎用性の高い言語です。
非常に人気もあり、世界中で多く使用されている言語です。
ゲームの開発から生産性ソフトウェアの開発まで幅広いところで活躍が見られます。
理解することは難しく、最初に学ぶ言語としては難易度が高いでしょう。
Web系、システム系の仕事で使われていることも少ないので、自身のやりたい仕事等を考えて、学ぶかどうか決めましょう。


Objective-C

主にiPhoneでのアプリ開発等に使われているのが、Objective-Cです。
iPhoneアプリの開発が行いたいのなら、この言語を学んでおきましょう。
Objecktive-Cが人気の言語になったのは、ひとえにiPhoneのアプリ開発が理由でしょう。
スティーブ・ジョブズが使用していた言語としても有名です。
言語としてはCとの互換性があり、Cを習得しているなら問題なく学べると思います。
扱える場所が限られていることもあり、今から学ぼうと考えている方は、自分のやりたい仕事に必要かどうか考えてから学びましょう。

Ruby

Rubyは日本人が開発したオープンソースのオブジェクト指向言語です。
この言語自体はオブジェクト指向言語なのですが、手書き型、関数型、命令型プログラムにも対応しており、柔軟性の高いプログラミング言語となっています。
人間にとって読み書きしやすいようになっていて、膨大な量の基本的なコマンドやボキャブラリーを覚える必要が無く、比較的習得しやすい言語として評判です。習得・理解することが容易で、Rubyは最初に学ぶ言語としてはオススメです。
日本人が開発した言語というのは、親近感も湧きますよね。


VisualBasic

古くから使われている言語で、いまだに利用者も多く、Microsoft社での更新も続いています。
プログラミング言語のBASICをベースとしていて、比較的容易にプログラミングが出来るのが特徴です。
規模の大きいプログラムを作るのには向いていませんが、なるべく短い時間で開発をする為の言語です。
書籍や資料が充実していて、他の言語に比べると、習得が簡単だといわれています。
ただ、VBだけ出来る。となってしまうと、ポインタやオブジェクトなどの難しい概念を習得していなくてもプログラムが作れるので、IT業界ではそこまで高い技術を持っている訳ではないという印象も与えてしまうようです。

Python

Pythonは無料で使えるオープンソースの言語で、広く利用されているスクリプト言語です。
ソースコードが短く、読みやすいのが特徴で、需要が上がってきている言語です。
まだあまり日本で馴染んでいない印象のPythonですが、Googleを作った三大言語の一つだったり、有名なSNSのFacebookを作った言語でもあります。
汎用性が高く、実績もあるのでこれから有名になればもっと利用されることが期待される言語でしょう。
WindowsやLinux、MacなどメジャーなOSに多く対応しているので、今後に期待するならば、覚えておいて損は無い言語だと思います。

C#

パソコン、サーバ用のプログラムによく使われている言語で、C言語に似ていそうな言語の名前ですが、似ているのはJavaの内容に似ており、Java、C++、VBのいいとこどりをしたような言語だと言われています。
Javaに似てはいますが、Javaよりも後に出た言語であり、ゲームやアプリの開発などにも幅広く使われており、比較的新しい言語なので、まだまだ、これからの更新が期待されています。
C++の問題でもあった、メモリ管理の問題も解決され、よりプログラミングに集中できるようになりました。
習得するのに楽ではないですが、Javaを学んだ人であれば、似ているところもあり、それほど悩むことなく習得出来ると言われています。







プログラマーにおすすめの転職エージェント情報


レバテックキャリア
レバテックキャリア
関東圏のIT/エンジニア転職に特化
キャリアコンサルタントが元エンジニアなので、業界の事情に詳しい! もちろん業務で使うような技術の相談もどんどんできます。求人を出している企業の現場の人間の話を聞いているので、どの人材がどの職場に行けば良いのかを全て把握!

ワークポート
ワークポート
WEB・ゲーム業界の求人ならここ
IT系エンジニア向け転職の専門性が高い転職エージェント。主にWEB系の求人が多く、様々なプログラム言語を使用する開発環境の求人が望めるでしょう。
初心者専用コンサルタントもいるので、転職が初めての方でも安心です。

アットエージェント
レバテックフリーランス(旧:@Agent)
フリーエンジニアの案件探しはこちら
フリーで働くエンジニアの方のサポートなレバテックフリーランスです。業界でもトップクラスの案件数を誇り、雇用、派遣、在宅等の様々な働き方が選択できます。
業界初のWEB業界専門コーディネーターによるサポートも特徴です。