Javaの需要と将来性

『Java』の特徴

特徴として、オブジェクト指向であり、そのオブジェクトを使う際に外から命令を送信してやれば機能するため、
大規模のプログラムの構築がしやすい言語です。また、高速かつセキュリティに優れており、信頼性があることも
人気の一つだと思われます。

そして一度プログラムを書けば、Java仮想マシン(JavaVM)があれば、windowsなどのOS問わず、またどのPCでも
動かすことができます。

多くの場所で使われており、適応性も高いJavaですが、習得するには難易度が高いという側面もあります。
ただ、需要などは多い言語なので、参考書やネット上の記事など情報はそこらじゅうにある状態です。
環境づくりは簡単なので、後は自分次第だと思います。

『Java』の需要

用途としては、HTMLやJavascriptと組み合わせてWEBシステムを作成したり、携帯のAndroidや、家電製品の
組み込み系など、幅広く使われています

最近はスマートフォンの普及が広まっているので、需要としては高いです。
また2013年の開発者が最も需要のあったスキルとしてダントツの1位に上げるほどになっています。

まだまだスマートフォンの普及は広がっていくでしょうし、さらにスマートフォン向けのアプリの数も凄い数があります。
当分Javaが需要を求められるのは違いないのではないかと思います。


『Java』の将来性

需要でもあげましたが、需要のあったスキルとして1位にあげるほどなので、まだまだこれからも現役で
活躍していく言語だと思います。

スマートフォンの普及も若い年齢層から高い年齢層まで広がっていき、それに対するスマートフォンのアプリも、
どんどん開発され、ものすごい数のアプリ数があります。

アプリ業界は競争が激しいので、これからも増え続けると思います。それだけユーザーが多いということは、
ビジネスとしても競争が激しくなるので、優秀な人材、技術を求められるようになり更なる進化がありそうです。


『Java』の求人状況

ネットでJavaの求人情報を検索すると色々でてきました。アルバイトから正社員まで、どんな雇用形態もあったので
求人は豊富かと思われます。

ただJavaは、アプリ向け、OS向け、家電製向けなど、幅広く使うことができるので、なかなか自分の思うような
求人を探せないかもしれません。

最近の求人サイトでは、そういった自分にあった仕事を探したい方への支援サービスが豊富で充実しています。
○○業界に強い!といった、エージェントが多数います。

各ジャンルに合った人に相談することが、就職、転職への近道だと思います。







プログラマーにおすすめの転職エージェント情報


ワークポート
ワークポート
IT業界に特化、的確な転職支援
IT系エンジニア向け転職の専門性が高い転職エージェント。主にWEB系の求人が多く、幅広いJavaならWeb求人に特化したこのサービスがいいかもしれません。
初心者専用コンサルタントもいるので、転職が初めての方でも安心です。

レバテックキャリア
レバテックキャリア
関東圏のIT専門転職支援サービス
キャリアコンサルタントが元エンジニアなので、業界の事情に詳しい! 色々な用途で使われるJavaの技術の相談もどんどんできます。求人を出している企業の現場の人間の話を聞いているので、どの人材がどの職場に行けば良いのかを全て把握!

doda
doda
業界トップクラスの求人量
転職サイトと転職エージェントの機能を同時に使えるのが大きなメリットです。非常に多くのIT企業の求人を有しており、その求人は上場企業からベンチャー企業まで千差万別。用途の多いJavaなら、適した求人が見つかりそうです。。

Java以外の言語の需要と将来性

○Webの世界で共通語として需要の高い『JavaScript』

○ホームページ制作等で広く使われる『PHP』

○その後のプログラム言語に影響を与えた『C(C言語)、C++』

○iPhoneアプリ等の開発に使われる『Objective-C』

○日本人が開発した比較的習得しやすい『Ruby』

○習得も容易で簡単なプログラムを作るのは最適『VisualBasic』

○Google三大言語の一つ『Python』

○Java、C++、VBのいいところを集めたような言語『C#』