JavaScriptの需要と将来性

『JavaScript』の特徴

JavaScriptはスクリプト言語であり、ソースコードは実行時に機械語に変換して動作をします。
ソースはHTMLの中に直接書き込むか、HTMLファイルから外部ファイルに書き込んだスクリプトを
呼び出して使うという形で使用されます。

基本的に用途はWebページの動的要素を作るための言語です。
今のWebページは、HTMLでページの構造を作り、CSSでデザインを決め、JavaScriptで動きをつける。
という風に他のプログラム言語とあわせて使うので、そちらの言語も習得が必要になってきます。


『JavaScript』の需要

JavaScriptは、Webの世界では共通語として需要が高い言語となっています。
やはり動きのないぱっとしないサイトよりも、動きがあって、少しは派手なくらいのサイトのほうが
訪問者の目をひきつけやすくはありませんか?

そういった動きを使う方法として、JavaScriptもその一つです。
HTML等と併用することによって、ファイルの操作だったり、オーディオや映像の再生など
できることは豊富にあります。

動的なサイトは、ほとんどがこの言語を使っているのではないでしょうか。
そういったことからも、JavaScriptの需要の高さが分かります。


『JavaScript』の将来性

動的なサイトを作る際に、HTMLとCSSだけではどうしても限界があります。それを手助けするのがJavaScriptです。
さらにこの言語はコンパイルの必要がなく、Webブラウザさえあれば実行できるという手軽さがあります。

需要の部分でも説明したように、需要はあるのでこれからプログラムを勉強するという方にもすぐに取り掛かれます。

if文、for文などのプログラムも出ますし、関数やオブジェクトなど、プログラムでは重要な内容を学びやすく
敷居が低いというメリットもあります。

多くの需要便利さ学びやすい。こういったところから、Webがある限り、JavaScriptは残り続けると思います。


『JavaScript』の求人状況

Webが広がっている今の時代、JavaScriptに関する求人はたくさんあります。
さまざまなことができる言語なので、自分が得意とする分野をしっかりと把握し、それを面接でアピールできることが
大切になってきます。

自己アピールが苦手・・自分がどういった分野で活躍できるかわからない・・・
そういった方もたくさんいらっしゃると思うので、今多くなっている転職支援サービスを利用してはいかがでしょうか。
各ジャンルに特化したエージェントが揃っており、面接に対しての方法だとか、そういった相談にも乗ってくれます。

そういった求人サービスには、未公開求人もたくさんあり、そういったところから採用に結びつく話もよく聞きます。
転職に関して悩んでいる方は、是非利用していただきたいサービスです。







プログラマーにおすすめの転職エージェント情報


ワークポート
ワークポート
業界内でも、優秀と評判のITキャリアコンサルタント
IT系エンジニア向け転職の専門性が高い転職エージェント。主にWeb系の求人が多く、Webの世界で需要の高いJavaScriptのスキルは重宝されるかと思います。
初心者専用コンサルタントもいるので、転職が初めての方でも安心です。

レバテックキャリア
レバテックキャリア
キャリアコンサルタントのIT知識が高い関東圏の転職支援サービス
キャリアコンサルタントが元エンジニアというのが大きな魅力。そのため業務で使うような技術の相談もどんどんできます。求人を出している企業の現場の人間の話を聞いているので、どの人材がどの職場に行けば良いのかを全て把握!

アットエージェント
レバテックフリーランス(旧:@Agent)
月間フリーの新規Web案件150件以上の実績
フリーで働くエンジニアの方のサポートならこのサービスです。業界でも
トップクラスの案件数を誇り、雇用、派遣、在宅等の様々な働き方が選択できます。
需要の高いJavaScriptでフリーをお考えならコチラのサポートもオススメです。

JavaScript以外の言語の需要と将来性

○モバイルやWEBに強い『Java』

○ホームページ制作等で広く使われる『PHP』

○その後のプログラム言語に影響を与えた『C(C言語)、C++』

○iPhoneアプリ等の開発に使われる『Objective-C』

○日本人が開発した比較的習得しやすい『Ruby』

○習得も容易で簡単なプログラムを作るのは最適『VisualBasic』

○Google三大言語の一つ『Python』

○Java、C++、VBのいいところを集めたような言語『C#』