PHPの需要と将来性

『PHP』の特徴

PHPはホームページ等を作る際に、動的ページを実行するために多く使われます
Web開発に特化した言語で、それほど難しくなく、取り組みやすいと言われています。
また解説サイトや、書籍も多くでているので、初めてのかたでも学ぶ環境は整いやすいでしょう。

複雑な構成が不要で、テキストベースで構築できます。実行速度もはやく
サーバーに不可を与えにくいことも特徴の一つです。

プログラミング言語として独立して動かすことも可能ですが、現在多く使われているのは
Webサーバーに組み込むためのスクリプト言語として利用されています。

これから始める人も始めやすい言語ですが、文法がC言語に似ているので、C言語を学んでいた方は
さらに始めやすいかと思われます。

ホームページ作成などに多く使われるので、HTMLなど、他の言語と一緒に習得する必要があります。

『PHP』の需要

今これだけインターネットが普及しているなら、PHPをつかってデータベースにアクセスしながら
管理しているサイトはたくさんあります。

データベースを扱うには、もちろんサーバーが必要となってきますが、今ある多くのレンタルサーバーでも
ほとんどのレンタルサーバーで扱うことができます

Webページやアプリ開発のできるPHPは、大きな規模の開発も可能なので、受託を行っている企業が
使っていることが多いです。
インターネットが当たり前になってきている今の世の中で、PHPの需要があるかと言われれば言うまでもないと思います。


『PHP』の将来性

PHP言語は今でも多くの企業が使っており、特徴でも述べたように、学習環境も整いやすいので
人がいなくなると言うことは無いと思います。

また現在も利用している企業も多く、今すぐPHPがダメになるということもないでしょう。
データベースと情報をやり取りする関数が、PHPには標準で用意されていて効率良く、簡単にデータ管理ができるので
大量のデータを扱う会社にとっては、とても重要とされています。

よっぽどのことがない限り、PHPが廃れていくということはないのでしょうか。


『PHP』の求人状況

将来性でも述べたように、PHPを扱っている企業は多く、その分求人検索も豊富にありました。
多いのは経験者募集のほうが確かに多いですが、未経験者OKという求人もあるのは確かです。
経験者で転職したい方や、これから勉強して仕事にしたいという方も、仕事がないということはないと思います。

不安であれば、最近よく見かける転職支援サービスを利用するのも手だと思います。
今ではIT関係など、分野に特化した転職エージェントがいるさまざまなサービスがあります。
自分の技術に関する質問はもちろん、どういった仕事があるかなど、様々な要求に応えてくれるでしょう。







プログラマーにおすすめの転職エージェント情報


レバテックキャリア
レバテックキャリア
足で稼いだ豊富な現場情報
キャリアコンサルタントが元エンジニアなので、専門の知識に強く、業務で使うような技術の相談もどんどんできます。扱っている企業も多くあるPHPなので、現場の話を聞いているコンサルタントに詳しく相談できます。

ワークポート
ワークポート
ITに特化することにより、大手に負けない豊富な実績と未公開求人
IT系エンジニア向け転職の専門性が高い転職エージェント。主にWeb系の求人が多く、様々なプログラム言語を使用する開発環境の求人が望めるでしょう。
初心者専用コンサルタントもいるので、転職が初めての方でも安心です。

アットエージェント
レバテックフリーランス(旧:@Agent)
ここ数年で急成長中のIT系専門エージェント
フリーで働くエンジニアの方のサポートならレバテックフリーランスです。業界でもトップクラスの案件数を誇り、雇用、派遣、在宅等の様々な働き方が選択できます。
フリーで働き、そのうち会社を設立したい。といった方はいいかもしれません。

PHP以外の言語の需要と将来性

○モバイルやWEBに強い『Java』

○WEBの世界で共通語として需要の高い『JavaScript』

○その後のプログラム言語に影響を与えた『C(C言語)、C++』

○iPhoneアプリ等の開発に使われる『Objective-C』

○日本人が開発した比較的習得しやすい『Ruby』

○習得も容易で簡単なプログラムを作るのは最適『VisualBasic』

○Google三大言語の一つ『Python』

○Java、C++、VBのいいところを集めたような言語『C#』