Pythonの需要と将来性

『Python』の特徴

Pythonは、無料で使えるオープンソースの言語です。広く利用されている汎用のスクリプト言語で
ソースコードが短く、読みやすいのが特徴です。

その為、Cなどの言語に比べて、少ないコード数でプログラムを表現できます。
分かりやすく整理された言語で、プログラム入門者にも優しい言語といわれています。

オブジェクト指向を取り入れているだけでなく、動的プログラミング言語の立場もありユーザーの
操作や要求に応じてそれに対応した処理をする、柔軟性のある言語がPythonです。

総合的に、オブジェクト指向というより、サービス指向アーキテクチャ(SOA)のほうがPythonの
実力を発揮できます。

『Python』の需要

まだあまり日本では馴染んでないイメージのPythonのようですが、Google三大言語の一つでもあり
Facebookなどを初めとした、メジャーなサイトでの事例が増えています。

まだ比較的新しい言語なので、知名度が低いのでしょうが、大きなものが作れるという実績はあるので
知名度がもっとあがればこれからの需要は期待できる言語と言えるでしょう。
実際に、システム業界では、システム・インテグレータ(SIer)の採用でPythonの経験を
求めているところも増えてきているようです。

『Python』の将来性

GoogleやFacebookを作った実績もあり、比較的新しい言語ということから、まだまだ発展の可能性もあり
将来性は期待できると思っていいでしょう。

一度書いたソースコードを変更せずに使うことができ、WindowsやLinux、UnixにMacと多くのメジャーなOS
使うことが出来るので、同じプログラムを直すことなくさまざまな環境で使うことができ、汎用性が高いので
使いやすいことも大きな利点です。

知名度が上がり、ユーザーも増えれば様々な状況での利用が考えられるので、汎用性が高く、実績もあるPythonは
これから期待できる言語だと思います。

『Python』の求人状況

同じようなことが出来るRubyやPerlに比べると、多くは無いかもしれませんが、検索しても
Pythonの経験での求人を多く見つけることが出来ました。将来性や需要の項目でも書いたように
大きな実績もあり、これから期待できる言語だと思うのでこれからもっと増えていくでしょう。

まだPythonの求人は少ないといえるかもしれませんが、探しにくいような求人を探したい場合は
転職エージェントを利用するのがオススメです。

料金は一切かからず無料で、豊富な求人情報を持つのはもちろんのこと、最新の業界情報や求人会社の詳しい情報など
非常に細部まで情報を聞くことができるので、あなたに合った会社を探すのにこれ以上の近道は無いと思います。






プログラマーにおすすめの転職エージェント情報


アットエージェント
レバテックフリーランス(旧:@Agent)
フリーに転向を考えるならまずここから
フリーに転向した人の高い評価を得ているサービスです。「月収が大幅に増えた」
「自分の時間が作れるようになった」など、フリーならではのメリットがしっかり
得られたとの感想が多くあるサービスです。

ワークポート
ワークポート
IT・Web業界に特化した専門性の強いサービス
創業からIT・Web業界専門のサービスを続けており、その経験と実績から
企業とのつながりや経験からのデータが豊富にあり専門性の高いサポートを
受けることが出来ます。

リクルートエージェント
リクルートエージェント
業界最大手の豊富な求人量
IT業界専門のサービスではありませんが、リクルートと言えばだれもが
聞いたことのあるというほど有名な会社です。その名前から、多くの求人が
集まっており、様々な条件から求人を探すことが出来ます。

Python以外の言語の需要と将来性

○モバイルやWEBに強い『Java』

○WEBの世界で共通語として需要の高い『JavaScript』

○ホームページ制作等で広く使われる『PHP』

○その後のプログラム言語に影響を与えた『C(C言語)、C++』

○iPhoneアプリ等の開発に使われる『Objective-C』

○日本人が開発した比較的習得しやすい『Ruby』

○習得も容易で簡単なプログラムを作るのは最適『VisualBasic』

○Java、C++、VBのいいところを集めたような言語『C#』