Rubyの需要と将来性

『Ruby』の特徴

日本人が作ったオブジェクト指向の言語で、少ない行数でプログラムを作ることができます。
他の言語と比べて、匿名関数の記述量が少なく、ソースが短くすむため、時間短縮できる利点があります。
基本的に開発ではRuby on Railsというフレームワークを使うのが主流となっています。

クックパッドや、Twitterなどの大手のサイトも導入しており、普及率は増えているといってもいいでしょう。

実行環境が無料で手に入りますし、本屋等での参考書も増えています。これから始めようと思っている方も
すぐに取り掛かることができる敷居の低いものなのではないかと思いました。


『Ruby』の需要

Rubyに関しては、これから需要が増えていく言語ではないかと思っています。
Ruby on Railsの仕事の量がこの8年で大幅に増えているという記事を見ました。

この言語に関しては記事の通り、これからまだまだ伸びていくものなのだと思いました。
仕事が増えるということは、やはりそれができる人を求められることに繋がりますし
特徴でも記述したように始めるのに敷居が低く、実行環境も整いやすいので
まだまだ需要は伸びていくのではないかと思います。


『Ruby』の将来性

将来性に関しては、十分にあると思います。
需要でも書いたように、ここ数年で大幅に仕事が増えているという結果がありました。

仕事が増えているなら、Rubyユーザーが求められていくということなので
これから先、すぐに廃れていくということはまず無いと思います。

まだ他の言語と比べると知名度も低くユーザー数も少ないようですが、
今上昇傾向にあるなら、これからが楽しみな言語とも言えるのではないでしょうか。


『Ruby』の求人状況

Rubyは他の言語に比べると知名度が低かったりはしますが、それでも求人があるのは確かです。
少し調べるだけで、たくさんの求人情報を検索することができました。

最近は、IT業界に強い転職サイト等もあったりするので、そういったところも利用してみてはどうでしょうか。
ネットなどでは見れない非公開求人も多数あるので、自分が就きたい条件の仕事を探すきっかけになるかもしれません。

実際初心者でも大丈夫という求人もあり、これから始めたいという方も働ける環境はあると思います。







プログラマーにおすすめの転職エージェント情報


レバテックキャリア
レバテックキャリア
元エンジニアによる親身な転職支援体制
キャリアコンサルタントが元エンジニアで、業務で使うような技術の相談もどんどんできます!企業の現場の人間の話を聞いているので、どの人材がどの職場に行けば良いのかを全て把握!関東圏のIT転職ならここ!

アットエージェント
レバテックフリーランス(旧:@Agent)
今後のキャリアステップも考えた親身なカウンセリング
フリーで働くエンジニアの方のサポートならこのサービスです。業界でも
トップクラスの案件数を誇り、雇用、派遣、在宅等の様々な働き方が選択できます。
業界初のWeb業界専門コーディネーターによるサポートも特徴です。

doda
doda
知識も多く、業界歴の長いキャリアアドバイザーによる転職サービス
転職サイトと転職エージェントの機能を同時に使えるのが大きなメリットです。非常に多くのIT企業の求人を有しており、その求人は上場企業からベンチャー企業まで千差万別。今伸び傾向のRubyの仕事もきっとあるでしょう。

Ruby以外の言語の需要と将来性

○モバイルやWebに強い『Java』

○Webの世界で共通語として需要の高い『JavaScript』

○ホームページ制作等で広く使われる『PHP』

○その後のプログラム言語に影響を与えた『C(C言語)、C++』

○iPhoneアプリ等の開発に使われる『Objective-C』

○習得も容易で簡単なプログラムを作るのは最適『VisualBasic』

○Google三大言語の一つ『Python』

○Java、C++、VBのいいところを集めたような言語『C#』