VisualBasicの需要と将来性

トップページ » プログラム言語別の需要や将来性は? » VisualBasicの需要と将来性

『VisualBasic』の特徴

プログラミング言語のBASICをベースとしており、全般的にコーディングをしなくても比較的容易に
プログラミングが出来るのが特徴です。

複雑なプログラムを作るのには向いていないみたいですが、経験の少ないプログラマでも出来るだけ短時間で
開発を可能にするための言語です。
具体的には、ちょっとしたツール簡易アプリケーション等を作成するのに向いています。

Windows環境でしか使うことができませんが、割と前からある言語で、書籍や資料が充実しており
習得が他の言語と比べて簡単と言われています。

『VisualBasic』の需要

2014年12月のプログラミング言語の人気ランキングでは、10位前後をキープしており、まだまだ
需要はあると思われます。

VBでの開発を続けるというケースは少なくはなっていますが、「VBまたはC#」というような言語指定や
言語指定をしない案件が増えてきており、そういった場合はVBが容易なので、比較的採用されやすいことが多いからです。


『VisualBasic』の将来性

将来性に関しては、まだまだ人気ランキングの上位にいることと、サポート、更新がされていることから
今後も進化していくと思っています。制作したマイクロソフト社はC#のほうに力を入れているようにも見えますが
BASICで始まった会社で、今後VBを外す事はない。と断言しているくらいなので、今後も残る言語だと思います。

ただ、今の時代は一つの開発言語だけを習得しただけでは通じないことも多いので、VBだけで生活がずっと安泰と
言うわけにもいかないようです。関連する知識や言語をどんどん身につけていく貪欲さを持ちましょう。


『VisualBasic』の求人状況

求人状況的には、VBでの開発経験者募集というのはいくつか見かけます。
ソフト開発や、システム開発、運用系の仕事が多いようです。JavaやCといった言語に比べると少ないですが
まだまだ、求められている技術なのは間違いないようです。

開発や運用などは、会社によって内容が変わってきたり、仕事がきついといった話をよく聞きます。
そういった会社を避けるには個人の情報じゃ難しいので、ここでは転職エージェントのご利用をオススメします。

無料で利用でき、求人情報だけでなく、業界や、求人会社の詳細などの詳しい知識を持っているエージェントなので
あなたに合った求人を探すのに近道となるでしょう。






プログラマーにおすすめの転職エージェント情報


ワークポート
ワークポート
専門の知識に頼るならここで決まり
IT系エンジニア専門の転職エージェントで、業界の知識も豊富です。
業界の求人や会社の内部情報にも強く、面接対策などのサポートも充実しています。
利用者の声も満足いくものが多く、確かな実績を持つエージェントです。

リクルートエージェント
リクルートエージェント
転職成功実績NO.1の業界最大手
リクルートと言えば人材紹介業界のトップクラスで、だれもが聞いたことのある
名前でしょう。IT業界特化型というわけではありませんが、求人量でみれば他の
転職支援サービスより圧倒的で、色々な求人から選ぶことが出来そうです。


アットエージェント
レバテックフリーランス(旧:@Agent)
フリーのエンジニアを目指すならここはチェック
紹介する90%以上のWeb案件がエンド直請けで、非常に高単価な案件
紹介してくれる支援サービスです。業界・技術に精通したカウンセラーによる
情報提供やサポートなども高い評価を受けています。

VisualBasic以外の言語の需要と将来性

○モバイルやWEBに強い『Java』

○WEBの世界で共通語として需要の高い『JavaScript』

○ホームページ制作等で広く使われる『PHP』

○その後のプログラム言語に影響を与えた『C(C言語)、C++』

○iPhoneアプリ等の開発に使われる『Objective-C』

○日本人が開発した比較的習得しやすい『Ruby』

○Google三大言語の一つ『Python』

○Java、C++、VBのいいところを集めたような言語『C#』